リースバック活用事例

事務所のリフォームで事業がうまく進むようになった!【東京都練馬区】リースバックコンサル

2021.10.29

カテゴリー

この記事では、事務所の改装費用としてS様がリースバックを利用し、お客様に褒められるリフォームを行えた事例を紹介します。

事務所をきれいに整えたことで、事業も以前よりうまく進むようになったそうです。

エリア:東京都練馬区
物件種別:マンション
業種:保険業
 


1.事務所を改装したい!


S様は父から相続で引き継いだマンションの一室を事務所として、保険業を営んでいます。

立地は良いのですが、設備や内装が古くなってきたため、色々な面で業務にも支障が出るようになってきました。

改装をするか、新しく移転するか悩んでいました。

しかし、改装するにしても費用がかかり、今後の事業の継続を考えるともったいないようにも感じています。

新しく移転するとしても、近隣に顧客も多くいるため、遠くへの移転もできません。

さらに、賃貸の場合は自分好みに大幅な改装をすることも難しいのです。

エリア、内装にこだわって賃貸を探すにしても、なかなか良い物件に巡り会えずにいました。

そんなとき、インターネットの広告でリースバックを知りました。
 


2.リースバックで改装費用を捻出できた!


リースバックでは、S様の悩みを全て解決できました。

まず、売却をすることで資金を得ることができ、改装費用が捻出できます。

さらに、内装工事に制約もなく、よほど問題がなければ自分の好きなようにリフォームすることができます。

この二点から、S様は非常に前向きに検討することにしました。

さらに、事務所として利用している特性上、賃料も経費に含めることができます。

賃料が高くても、その分高く買ってくれる業者を探すことで、メリットを最大限活かすことができました。

また、周辺相場から逸脱した賃料の場合、経費と認められない場合があるので、その点だけ注意しました。

普通賃貸借契約を結び、売却資金を元手にリフォーム会社に相談しました。
 


3.事務所がきれいになったことで仕事も増えた!


資金が手元に入る時期もはっきりとしているため、改装工事の開始日も早めに調整できたこともあり、相談から3ヶ月後にはリフォームが完了しました。

リフォームしたことにより、既存の顧客からも良い評判をもらうことができ、さらには新規の顧客の獲得にも繋がりました。

改装をするか賃貸に引越すかで悩んでいたS様にとって、最良の選択だったと言えそうです。

一般に、リースバックのデメリットとして売却額の安さや賃料がかかる点が挙げられます。

しかし、S様の場合は、引越さずに資金を調達でき、自分好みにリフォームできるというメリットは非常に魅力的だったようです。

必ずしもリースバックが万能というわけではありませんが、あなたの状況とメリット・デメリットを照らし合わせた結果、便利な売却方法の場合もあります。

一括査定でかんたんに最高額を目指したいという方は、お気軽にお問い合わせください。
リースバックは比較が大切!まずは、安心の無料相談から
リースバックは比較が大切!まずは、安心の無料相談から

※査定依頼は24時間受付可能です

併せて読みたい記事

運営者情報

社名

株式会社モリートハウジング

所在地

東京都新宿区西新宿7-1-7-423

代表取締役

森 寛之

免許・所属

東京都知事(1)第102723号
(公社)全日本不動産協会
(公社)全日本不動産保証協会
(一社)全国不動産協会