リースバック活用事例

訪問介護資金の不安から解放された!【東京都西東京市】リースバックコンサル

2021.10.26

カテゴリー

この記事では、訪問介護を受けるようになった70代のM様がリースバックでまとまった資金を手に入れた事例を紹介します。

介護を受けるにもお金が必要で、将来を不安に思っていたM様にとってリースバックはぴったりだったようです。

エリア:東京都西東京市
物件種別:マンション
家族構成:女性1名
 

 

1.介護を受けるにもお金が必要


M様はすでに住宅ローンを払い終えていて、毎月の支払いは管理費等の2万円程度だけでした。

毎月の年金は12万円程度なので、10万円で生活をしており、満足の暮らしができていました。

しかし、少しずつ物忘れが増えたり、足腰が弱くなったりしてきたため、在宅介護をお願いすることにしました。

そうすると、毎月5万円ほど出費が増え、いままでの生活ができなくなってしまうのです。

2.自宅を売却して賃貸に引っ越すのは大変!


せっかく持ち家に住んでいるので、売却して引越すことも考えました。

しかし、住み慣れた環境から、高齢になっていきなり引越すのはストレスがかかるため、あまりよろしくありません。

さらに、70代でひとりの入居となると、賃貸物件を探すのも大変です。

とくに孤独死を恐れるオーナーが多く、高齢者の賃貸探しは想像より厳しい現実があります。

売却をして資金を捻出するのも難しいと考えていたところ、娘からリースバックの話を聞き、当社に相談してみることにしました。

3.住み続けながら介護費用を捻出できた!


査定をしたところ、売却価格が1,800万円、賃料が12万円ほどになりました。

月々の住宅への負担は増えてしまいますが、すぐに使わないお金を預けることで賃料を9万円まで下げられる業者に依頼することができたのです。

一部の業者に限られますが、このような方法で賃料を下げることができる場合もあります。

仕組み上、すぐに使わないお金のうち、全てを預けることにならなかったので、残りのお金は娘に預け、積立NISAなどで運用することで有効に投資に回すこともできました。

当社ではFPの資格を持っている者がいるため、売却後の資産運用についてもアドバイスをさせていただきました。

特にリースバックでは、売却で得た資金をすぐには使わない方も多いので、長く住むには資産運用も大切になってきます。

今回の例では、まとまった資金を手にした上で、自宅で介護を受けることができ、M様のご希望に沿うことができました。

ご高齢の方の中には、将来のお金への不安、いつまで健康でいられるかという不安など、様々な不安を抱えている方がいます。

あなたの悩みがリースバックで解決できる可能性もあります。

まずはお気軽にご相談ください。
リースバックは比較が大切!まずは、安心の無料相談から
リースバックは比較が大切!まずは、安心の無料相談から

※査定依頼は24時間受付可能です

併せて読みたい記事

運営者情報

社名

株式会社モリートハウジング

所在地

東京都新宿区西新宿7-1-7-423

代表取締役

森 寛之

免許・所属

東京都知事(1)第102723号
(公社)全日本不動産協会
(公社)全日本不動産保証協会
(一社)全国不動産協会